2008年7月15日火曜日

Microsoft Visual C++ Runtime Library Runtime Error!

後日:以下の記事はまったくウソで2週間の不幸が私に訪れた。
ブルーカラーエラーと深刻なエラーが出たらすぐにパソコンのハードを疑うべき!と変更します。


で、パピーリナックスなどのCDで起動してデータを抜く方法はこちらです。

なんでも信じたらいかんなと思う。なんかやっぱり慢心があったと思う。始まりはCPUのファンが浮いていたことだったのだった。





私の清ちゃんが左腸骨にガンを発表したその日、私はパニックに襲われ1日がまるまるつぶれた。
ほんまに。
最後に深刻なエラーから回復しましたと出たので
以下マイクロソフト社への報告。

Microsoft Visual C++ Runtime Library Runtime Error!
がある特定のフォルダを開けたら頻発するようになり、エキスプローラーエラーとなって画面が消えるようなことが何度も起こるようになった。
レジストリクリーナーなどを行った。その後、ツイン画面が両方に同じものが現れるなど画面がおかしくなり、ドライバーを入れなおし、起動するとブルーカラーのエラーになってしまい、セーフモードで立ち上げ、正常起動を確認して、前回正常起動を選んで起動しなおした。
問題のフォルダを他のファイル参照ソフトで他にコピーして削除し、エラーは回避された。


で、私のパソコンというのは、もう8年はまったく同じ環境で使い続けており、いろんなことをしている。
で、無料のレジストリークリーナーとかは使っていたが、この際、ダメになるならそれもいいと、有料で30ドルほどするRegustryBooster をやってみたら、
500ぐらいエラーが出た。

思わず買ってしまった。

で、それを使ったんで、ブルーカラーエラーが出てびびったが、なんとかなった。
こういうソフトを買って、スパイウエアだったこともあるので冒険だったが、よいような気がする。パソコンが軽い気がする。


大手術だった。

清ちゃんも頑張ってほしい。

まだわからないけど。
常駐はさせる必要はなく、たまにやったらいいと思う。


エクスプローラーはたぶんファイルシステムが若干壊れているだけだと思うので、
Adobe Bridge CS3 とか、とにかく別のファイルビューアーで抜いてコピペしたら、なんとかなる気がする。

マイクロソフトの見解は、

ウィルスソフトが複数あるということだった。そんなことはない!と思うけど、
この頃、cosobo のSLLを検証するというソフトを入れていたので、それを抜いてみたい。

ま、今のところは元気になった。

キヨシローがんばって=。


*************
祈りむなしく清志郎亡くなってしましました。 キヨチャンの栄光は永遠です。
キヨシローが生きてるときにいっしょに生きれてよかったです。
愛してます! 私は負けずに生きていきます。



お問合せフォーム

お名前 :
Email: (必須)
メッセージ: (必須)


0 コメント :

コメントを投稿



連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

サイト内検索

View My Stats