2010年7月9日金曜日

DellのネットブックVostro A90のSSDが壊れた


確かにデザインは最高にカッコいい。 ファンレスで清音で起動もキビキビしている。が、ハードディスク(SSD)が8GBしかない。そのへんのUSBメモリー程度しか入らないのである。いいマルチカードついてます。

EMOBILEとの契約で1万円で買ったと。
しかし、emobileに毎月5千円前後は2年回払わないといけないわけでして、決して安い買い物では実はないわけである。定価は9万円ということ。

で、ハードディスクが8GBしかないことを理解してない人が、DVD再生ソフトやら入れて、キングスソフトを別のハードディスクに入れて、アウトルックエクスプレス入れてと超便利に使っていたらブルーカラーのエラーが出て起動しなくなり、オペレーションシステムがないと言うようになった。

で、見たら、見事にハードディスクのサイズが0と認識されています。
クリーンインストールを試みましたが、認識はしているけれどもアクセスできませんとなる。

で、このサイズのSSDは特殊で、もうどこ探してもなかったけど、この記事を見つけまして、アメリカならあるらしい。と、検索して買ってしまいました。 

このパソコンは捨てるのもったいないもの。

もちろんこんな危険な買い物!したくない。でも、ここまで結論出すまでに数時間かかりました。


パピーリナックスとかUSBで起動したりして使うことはできますが、そんなマニアな使い方可哀想だし。(これ1本作っておくと結構便利かなと。サイフに入れています。イザというときにさっと復旧できる!そんなチャンスある?)

それでもSSDは認識しなかった。やはり容量オーバーして使うというのに耐性はないのね。SSDはまだ素人向けでは無理なのでしょう。衝撃には強いけど壊れるときは壊れるみたいで、しかも復活も難しいみたいです。

で、私は考えました。考えるのが趣味のADHDです!
いったい、この人が何のためにそんなことをしたのか気になります。
確かに最近USBでも32Gとかありますし、やれないことはないと思うと。
でも、結構テマなんだな~と、手順どおりにやりました。 これのお陰で、クリーンインストールからいきなりサービスパック3にできる統合したCDを作る方法までマスターしてしまいました。

どんどんコマンドプロンプトに詳しくなっていきます。

CD /D
というのをしないとそのドライブに行かないことを今回初めてしりました。 Dドライブのことかなと思っていたのです~。 その程度の知識からよくこんなことをしているなと思います。

しかしですね。結論から言うと、どうしてもできなかったです。
インストールのときに、XPと互換性のあるパーティションではありません。 となる。
これはどうもケーブル経由だとうまくいかないことがあるらしい。
USBでつないでいるDVDドライブだからかもしれない。 これが内蔵だったら動いたかもしれません。

と、いうわけで、あきらめたと。

このSDカードにインストールというのもいいかもしれませんが、このパソコンは初期起動でSDは認識にしないから無理だと思うし、このインストール方法であっても一度SSDに入れてから移行するという方法らしく、ちょっとめんどうです。 ただ、ハードが小さいネットブックを買い(今、中古でいろいろ出ているけど)この方法でデカメの安いUSBにOSを移動したら、結構使いやすいパソコンになるかもしれませんね。

まぁ。SSDの難しさを体験して、結構勉強になったというだけで…。ホンマにこれは儲けにならない。
でも、お客さんはまってられないということで、(アメリカ取りよせには10日ほどかかる)新しいのを買うことになり、たぶんこのパソコンは私にもらえることになりそうです。 いきなり前のめりになりとっても楽しみになっている。 ははは=。

ま、SSDさえ届いたらなんとなくは復活すると思いますが、私が使うのだったらパピーリナックスとか入れようかなと。たぶんま、修理して売るかな。ま、勉強になりました。


dellについて…

お問合せフォーム

お名前 :
Email: (必須)
メッセージ: (必須)


0 コメント :

コメントを投稿



連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

サイト内検索

View My Stats