2010年9月11日土曜日

UbuntuをDellのミニノートに2  fontが削除できなくなった

いや〜楽しいわubuntu、もういじりたおしている。

私は主にopen officeの研究にLINUXを使っております。(うそつけ!)
このubutu&openofficeは必ず来るじゃないかと思う。 使ってて楽しいし、メモリーも少なくて起動も早くサクサク。ちょっと古いパソコンでもバッチリ。ハードディスクなんて、もう相当いろいろインストールしているのですが、まだ5MBというそのへんのUSBメモリー程度しか使ってない。 これはすばらしいと思います。 予算のない会社はぜひこれで会社のシステムを構築したらいいと思う。 社員全員にノートパソコンを持たせ、クラウド端末として活躍させることは可能だろう。
ウィルスソフトもたぶんいらないんだよねぇ。

そりゃ軽いよなぁ。と仕事する前に、こんなソフトもあるんだ〜。って感じでいじりたおしてオモチャ状態。

Avant windows navigater とか、googleの日本語入力のmozcとか、なんとも便利ですわ。easystrokeなんてカッコよすぎて酔いしれてしまいます。マックのようなボヨンボヨンな動きを有効にしてみたら、こんなに仕事が楽しいものなのねと知りました。やはり、インターフェースが楽しいというのは仕事のモチベーションをアップするものなんですね。 楽しくて楽しくて仕事が…はかどるかどうかはわかりませんが、はい、今日からubuntuで仕事してみましょうね〜というときに、え〜使い慣れたwindowsがいいのに、無料なんてケチくさい…みたいなネガティブなものをのけてくれると思うんですね。
googole appsの導入というものを一生懸命にススメテいるのですが、会社に一元管理される…プライベートメールやりにくい。みたいなネガティブが出てしまいます。やはりgmailがわかりにくいとか言う人、結構いる。googleがもひとつ日本で普及しないのはそこだと思うけどな。賢い人にはわからないかもしれませんが…


で、なんかオープンオフィスを一生懸命にいじっていたのですが、取り組んで1年以上たつのですが(ポチポチですが)拡張機能なんてものがあるんですね!知りませんでしたわ。 
イラストレーターで作ったPDFを読み込んで編集できたりするんですね。すごいですわ〜。
で、日本語環境セットというのがありましてそれが何のメリットがあるのか今ひとつまだわかんないけど入れてみる)
で、フォントを入れないといけんと書いてある。で、落として開いてみたが、インストールというのが右下に出てくるが、インストールはそれできんらしい。ウィンドウズと違ってフォントフォルダーいじったりできにくい。
で、結局、普通に一番簡単なメニューからubuntuソフトウェアセンターで簡単にインストールできるということがわかるorz.

これは何語ですか?というルーン語のフォントまであります。で、嬉しくなってガンガン入れていたらフリーズしてしまいました。だいたいそこで10時間くらいミニノート起動しっぱなしでしたから…。

で、電気を切って再起動。

軽く壊れる。
これとまったく同じ症状になりました。

で、エラーを内容を読んでみたら「dpkg --configure <パッケージ> か dselect で設定 (configure) メニューオプショ
ンを使って設定作業を再試行しなければなりません:」
とか書いてあるので一生懸命にsudo dpkgとかいろいろやってみる。が、私の場合はttf-hanazono が削除できない。

sudo defoma-reconfigure -f
sudo fc-cache -f -v

などいろいろやってみる。

で悩むこと数時間、神様がやってきて単体で検索してダウンロードしてみた。それを展開してみた。それを展開しているどおりのポジションでフォルダに管理者権限で入るで入れてみる。

そして、改めてアンインストールしたら初めてエラーがなくなった…。

疲れたが解決した。

お問合せフォーム

お名前 :
Email: (必須)
メッセージ: (必須)


0 コメント :

コメントを投稿



連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

サイト内検索

View My Stats