2010年12月24日金曜日

yahooの検索が終わったSEO戦国時代をどう生き延びる?

世界一お世話になっているパチンコ維新の吉野大観先生のサイト thetruth.jp はやりの日本語ドメインも取得し、吉野大観.jpで頑張ってまいりました。
ハイビジョン対応で頑張ってビデオも作りました。




本当に頑張りましたよ。最高順位は パチンコ 攻略 でヤフーで6位までいきました。夫はお陰でパチンコ大好きで本日の天皇様の誕生日にも朝からお仕事のようにパチンコに行き稼いで帰ってまいりました。 ちなみにパチンコ 攻略は3,040,000件ありました。 で、ヤフーとgoogleがいっしょになるという話が出て、私にはその統合された日がしっかりわかりました。11月15日でしたね。 とたんに100位以下になりました。 商品そのものがこれからの時代売りにくのはさることながら、根本的に考えないといけない時期でよかったとは思うんですけどなぁ~。
先生ところはお陰様で会員3000人おりまして、定期的な情報公開で適度には稼いておられるので安心なんですけど、売上をネットで依存している会社とか、これのお陰で潰れたところもあるじゃないですかね。

お陰でパチンコする暇がないわ!!!! 

このパチンコ攻略の吉野大観は打法は私は本物だと思っております。こんな私でもそこそこの楽しい経験させてもらったし、ウソじゃないんだなと実感したので仕事する気になってやってみました。 
商品的に言うと、かなり大衆派で、googleというよりyahooの方がはっきり多い商品です。

私は、ヤフー対策を真剣に考えまして、所謂業者がやるようなバックリンクをお金出して買う系も試してみました。この海外のヤツはよかったと思います。ヤフーには…。  サイトの完全リニューアルを企画していますが、最後にもう一回やってみたろと思っています。(人柱の精神)googleでちょっとでも上がるかどうかやってみます。(後日、100以下から1月後に85位までもどりましたので(何もしてないのに…悪くはなかったかもしれません。安いので今のところはやってもいいかもしれません))

他にseoにいいと言われる相互リンク。 seoにいいと言われる自動リンク集の設置。 自動登録装置的なもの…。なんせ、いいと言われる乱暴なことはなんでもやってみました。

で、ヤフーでは上位。 googleでは100位前後という結果になっていましたが、11月15日から両方で100位以下です。とたんに毎日40人くらいに減りましたがな。

ところがですね。 パチンコ ブログで検索すると 今でもゆみちゃん パチンコブログは ヤフーでもグーグルでも10位くらいにおります。
ちなみにページランクは3です。(こんなに頑張っているパソコンブログが2なのに!)
このブログ、私が連綿とパチンコするたびに頂く景品を記録するという企画でやっておりまして、かなり昔からやっているものです。 (マジで私のパチンコもまあまあな腕なんだよ…パソコンとパチンコが好きなんです) ブログ村に登録していて、それでもわりと上位です。ブログ村がいいのかもしれません。手作業の登録でたまに関係のあるところにこつこつと登録していた。 それからこのブログは超昔からやっている…などが理由かもしれません。 それにしても…この頃パチンコできてないのでとても心苦しいです。夫は負け知らず、先生は慶次で37連チャンみたいなすごい日記がかけるはずなのに…先生は、あまり自分が大勝ちしたことを誤解されたらいかんからと書きたがりませんね。 

つまり、今の時代のSEOは小手先よりも心である!
ということがお分かりいただけると思います。

ちなみに、私はパチンコの吉野大観以外では、こういう邪道なやり方はしたことがありません。

堀江産婦人科様(私ここのヨガ教室行くねん!)は大阪 産婦人科 1,470,000件でヤフーでもgoogleでも常に10位前後です。 毎月いじってます。 でも、絶対来年はこれもnucleusかなんかにしましょうと思いましたな。



最近、非常に丁寧に作られているサイトのSEO対策頼まれました。[離婚]は… パチンコ 攻略なんてメじゃない超ビックワードです。
約 15,700,000 件 で、今60位なんだけど、なんとかまた1ページ目に出たいんだと。
相談をうけまして、チャレンジャーだから一応見てみました。 むちゃくちゃ正しい完璧なxhtmlで書かれている。Shift_JISだけど。 2007年頃は1位だっというホームページ。 ページ数なんて数えられないほど。
担当者がころころ変わり、いろんな風に作り込みリンク集をムーバウブルタイプで作ろうとして挫折、コラムだけはムーバブルタイプ。 という感じ。担当者がSEOのために必死にやってきた痕跡がわかる。その担当者もmtのパスワードわからなくなってmt-medic使って入ってた!

で、相談のあった同じビックワードで1位になってるサイトはどんな感じかなというたら、意外にあっさりworld pressで作っていたりするわけですよ。ページ数なんか数ページ。 ただ論理的にきちんとこれまた書かれている。

「バックリンクかなんかでなんとかならんかな?」 と社長は言う。

でも、広告も出しているので、実際に1日200人くらいは来てて、結構な勢いでページを移動して滞在時間も長いんです。これをちょちょいと何とかするというのはちょっとムリだなと…。

これからの時代のホームページは戦略練って、むやみにページ数が多い場所はblog形式にする。 コアのホームペーじ部分を論理的に散りばめる。(メニューの絞り込み。 サブメニューなどによりわかりやすく。nucleusならブログわけた作り方など…) 明らかにページ数稼ぐためのあまり内容のない文章とかはマイナスじゃないか…。
リンクはあってもいいけどリンク先の評価も高くないといけない。などなど…。私は思います。

でも、そんなことないだろう。big wordで昔ながらのホームページで上位になっている会社ないだろうか? と探したらありました…。 これ普通に何のCMSも使ってないように思う。
でも、対策はRSSを手書きで書いて配信しているようです。中もたぶん情報満載で大変なことになっているのではないだろうか…。 rdfをこれをまねして書いてみたら自分のサイトでダウンロードになる場合はhtaccessにAddType application/xml .rdf と書込みます。 初めて知りました。 utf-8でしっかり作りましょう

RSS1はRDFと同じで…RSS2は文章量が違うということらしい。これからの時代はRSS2であると…

で、今回発見したのは…。RSS読んでいたら、いろんなサイトのRSS情報を一本にまとめたものが1個だけはりつけてあったわけですが、そのなかに、アクロバットの書類からrssが出せることがわかった。 これは収穫でした。
それだったら、長々といろいろ資料があるところでブログにするのも面倒なところは、アクロバットに投げることもできますね。 


トラッカーを有効にするというものです。これで読み取れるようになってるわけ? 教えてアドビさん。 電話して聞いてみよう。

とりあえず、まねして重要そうなところだけRSSをリンクしてみました。

ただ、リンク先は中のコンテンツグチャグチャで汚いですが、論理的にメニューの構造がなっている。
おそらく表紙だけカテゴリーに分類して見やすくしたんだと思う。 なんでfloat:leftのままなんか超気になるけど。width決めてmargin:autoにしたらいいのに…


まぁ。膨大なサイトはこの戦国時代をいいチャンスにして見直しかけていかないと、たぶんどんどん落ちていくじゃないでしょうかなぁ。

とても ちょろっと…やれるものではないということはわかります。

一番最初にRDFをまず入れてみたら ぱーんとすぐ6位くらいまであがったら下がって、またちょっと上がった。ようするに元通り…
後日、よくよく見ると全部のページほとんど同じtitleで まったく同じkeyword ほとんど同じDescription だったことがわかった。 これはなかなか大変な作業だった。 これ商売になるなと思った。RSS2を書きながらボチボチと全部編集した。これで上がったまた報告します。

この方も同じことを悩んでおられるようです。読んだけど長い長い…

これ5年も6年も前の本ですが、これが非常に正しい、シンプルなサイト構造がいかに重要かというのを力説している名著で私は感銘をうけたのです(書評まで書いたもん)が、すっかり忘れておりました。 あれからすぐCMSの時代になったのである。

さすが神崎先生と思ってしまいましたな。

Canocial属性を入れるとSEOにいいらしい。


*********************

2010年1月27日現在、燃える離婚相談協議会ですが、これでも月いい感じで売り上げは上がっているそうですが、順位いじったら微妙に下がりました…。orz 単純にrdf入れたくらいじゃあがらないですなぁ。 最初ちょっと上がったのですが、すぐ下がりますよ…。他がかなりがんばっていることもあるのでしょうが。本当にスゴイナと思います。 こうなったらイジでも上げてやる~という気持ちになってくるのですが、ちょっと遊び心でtwitter検索表示入れてみたんですけど、それ入れたら下がった。
まだ3日だけど…。 理論的にいうと確かにjavaの分落ちるかもしれんなぁと。 twitterでせこく宣伝入れてみたりしてるんだけどぉ。 う~ん。

お問合せフォーム

お名前 :
Email: (必須)
メッセージ: (必須)


0 コメント :

コメントを投稿



連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

サイト内検索

View My Stats