2013年12月24日火曜日

ブラザーの複合機でスキャナしたのをバッファローの共有ファイルサーバーに lubuntu でマウントも!


結構な
高機能!
lubuntuPCに スキャナがつながった!と、家のノートパソコンの環境でやれたから喜んでいたのですが…。緊急速配株式会社富士通の古いパソコンを改造して運用している会社の仕事パソコンでは…。どうしても 1300がUSBもまったく認識されない。

なんか、いろいろしすぎたからだろうか…。

あ=もう、時間切れ、考え方を変えようと、そうだ、ブラザーの複合機に何か機能がないだろうかと思うとあった!

SCAN to FTP これを使えは、Buffalo の 共有ディスクに保存できるじゃないか!

で、その設定が、説明が非常にあっさりしている。要するに外出先から LINK Station にアクセスしたいというのが参考になるはずだ。

が、会社のネットワーク組んでワークグループ名を設定している場合、FTP接続をAnonymous ではアクセスできないのである。そんなことしてないけどな…と思ったが、やっぱりうまくいかないので、ゲスト設定を作って、パスワードも設定した。 



で、FailZilla使って確認してファイル名を取得する。 このあたりになるとある程度知ってる人というのが前提で、説明もあっさりというのが普通なのだろうか…。
非常に優秀で、10種類くらい保存方法を設定できる。モノクロとか、OCR向けとか。すばらしいぞブラザー やたらインクがいるけど…。

読取革命とかで書類に変換したり、これで便利になりました。というか、絶対にふつうにメールでくれたらいいんだけど、この業界結構ファックスの依存度が大きいみたいです。

ちなみにubuntu はDolphinで共有ファイルを参照が便利。またPDFの編集もPDF shuffler という無料の便利なのがある。いろいろソフトがあるからubuntu おもしろいなと。



このような汎用トナーでもいいじゃないかなと。

で、このbuffalo のNASをlubunt に認識させ、なおかつ、wine で走らせているwindows に認識させるためには、どうしたらいいのか?

sudo gedit /etc/fstab として 起動するファイルの命令を書く

//192.168.**.**/hakobu_files /media/nas cifs username=lubuntuログイン名,password=*****,iocharset=utf8,rw,uid=1000,gid=1000,defaults 0 0


とするとできる。これはなぜか array1 とかしなくていいのが不思議でたまらずものすごい時間かかってしまった。 rw と書いてあるのが読み書き有効になるモードのようで。

手動では
sudo mount -t cifs //192.168.**.**/hakobu_files /media/nas -o username=guest,file_mode=0777,dir_mode=0777

参考にしたところ 島崎さんの記事  水生乃里便り様 他多数 起動しなくなって焦った。
でも、ガンガン電気切っても大丈夫な気がするのがさすが ubuntu すばらしい。
まったく知識がないのに。 ムチャやっている。

どうして、スキャナが認識しないんだろうか。 まったくスキャナを認識しないんだけど。 絶対に、どっかのファイルを書き換えてしまったことが原因だと思うのだが…

ま、一応この状況で 8年前のfmv がバリバリ現役で働いている状態になったのだった。



この会社の仕事をすることになりました。 皆様、緊急のお荷物全国対応でご相談に応じます。私が手配やってるわけでも、私が運転するわけでもないから安心してください。


ロゴも社名も私と社長が考えまして、名刺もむちゃくちゃ考えました
裏側は特権で私オリジナル脱原発名刺です!

今回はLINEを使いこなして、仕事してみたいと思っております。 社長の山田さんがiphone契約したときに、もう一本無料でもらった電話番号を使った、会社公式LINEを運用しております。
内輪の結束というのが、ビジネスとしておもしろいなと。

この会社を通じて仕事の幅を広げてみたいと思っております。よろしくお願いします。


 
私は、グルメでもなんでもないですが、ここの、このコーヒーがどこより美味しいと思います。
家で飲むコーヒーが一番美味しいです。幸せです。オススメします。
なんか、もしかしたら廃盤になるじゃないかなと心配しているのですが…

後、この甕雫もオススメで、結構喜ばれるお酒です。年末に配ります。



お問合せフォーム

お名前 :
Email: (必須)
メッセージ: (必須)


0 コメント :

コメントを投稿



連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

サイト内検索