2009年2月2日月曜日

わかりやすいプログラミング解説サイト PEARをレンタルサーバーに!

実は正直に言うと

 「ちょこっとPHPがいじれるようになった」とか言って、軽ーく勉強しているような言い方ですが、
 
 正直言いまして、
 さいきゆみ45歳 
 精一杯勉強し本も何冊も買い
 PHP proで不思議な質問をし続けて 
やっと、この程度なんです!!!


私がプログラミングみたいなものをしたいと思ったのは、簡単なCGIからだったんだけど、CGIの時代はわりと本とかも充実していて、よくわからなくてもこうやったらできますよ。

 みたいなものが多く、目的を実現できたらそれでよいというようなものだったと思う。

 ところが、PHPになったら、なんとなくわかるような感じになった。でも、逆に解説書とかは素人向けのものが少ないのよね。






 理系の人間の文章はどうでもいいことが丁寧に書かれており、必要なことを強調してわからせるように書いてないのがある。 だから私のような感情的な人間にはわかりにくのだ!


 前置きが長くなりましたが、私は PEARを使いたいと3年くらい前から思っており、
 部分的に見よう見まねで使っていましたが、根本的にはわかっていませんでした。

 この度、非常にわかりやすい解説サイトを見つけました!

 例えば まったく対応していないレンタルサーバーにPEARを置く場合

 私はこんな丁寧なPEAR解説を見たことがない。 経験に基づいていて実感がある。
 感動的だ!
 本家の解説のわかりにくいこと!

 いったい何のために勉強しているのかといえば、普通はレンタルサーバーで使うからだろう!
 それの解説が少なすぎるし、わからなすぎる!


 要するに私はPEARの本家のサイトがわからなくて辛かったんです!

 本当にありがとうございました。
  

これ読んで、やっと本家を読む気になったという…。
で、結局、私の場合は.haccess でも、うまくincludeできず、
無駄に新しいPHP5で


本家に書いてあった

set_include_path('{サーバーの絶対パス}/PEAR' . PATH_SEPARATOR . get_include_path());

というのを実行したいPHPプログラミングのトップに書くと動いた!


また、この完全手動のインストール(というより置くだけ)だと、このようなPEAR情報の表示はできない。

 このように一部のパスを通すことが絶対なのかと思って、ものすごい考えたが、私が使っていた do-to.comには使えなくて、3時間ほど悩んだ。

 でも、それはまったく間違いで、他のプログラムならあっさり動いた!

 よかった!これでどこでもPEARが使える! 安心した。 ほっとした! 朝5時だ



*******************

やっぱり、うまく動いてなかったみたいです。

 もうあきらめた。どうせ引っ越すし。 

でも、かなりPEARの勉強にはなった。 負け惜しみだけど。


***************

翌日も悔しくて時間限定で頑張ってみましたが、私の愛用していた do-to.com 最新のPHP5を使っているのに
PEARは入っていません。

 で、自動インストールすると temp というフォルダは作れるけど 777に設定できない。

 インストール始まったとしてもdownlod が失敗と出てしまう

セキュリティが厳しいんだなぁ。 いいことかもしえませんが

**************

で、全部アップする方法でやってみた

本家を熟読し「ftps を使用する場合は、 php.ini で openssl 拡張モジュールを有効にする」をしてなかっただろうか? とやりなおしまでしてみた。

自分のマシンもPHP5にしてるし、ちゃんとできたから悔しかった。 

http://www.oppai-bra.com/info.php

でみたら パスは通っている (今は抜いたけど)

だが、
pear の情報を表示する簡単な  info.php

PEAR configuration files "/root/.pearrc", "/usr/local/etc/pear.conf" does not exist 

というエラーが出る。


で、


require_once("PEAR/Info.php");
$info = new PEAR_Info("/usr/local/lib/php/");
$info->show();

と書いたら、  正しい Pear がないと出てしまう。

つまり、pear の指定が聞いてないということらしい。


ここに書いてある「ローカルとリモートの双方について、それぞれの環境に対応した設定ファイルを作成する」というのも挑戦したが、もうひとつ意味がわからん。 c:\php5 の中になら設定が作れたけど、それをアップして、そっから user@というのが全然わかんない。 それってどうしてもせねばいかんことなんだろうか? それをしたという方がいないんですけど。


もういろんなことしすぎてサーバーにファイルアップできなくなった=。
大量データを拒否る。 もう! めんどくせぇ。 引っ越す絶対に。

キャリア判別PHPは有名なのがあるので、とりあえず、それでいいんだけど。
ちょっと勉強したいと思ってかなりムダな労力を使ってしまった。

もう、本当に疲れた。やっぱり私、男でも食べるものでも執念深いから人生失敗してきたんだよなぁ。

あきらめて次に行くっていうのも大切なんだけどさ。

お問合せフォーム

お名前 :
Email: (必須)
メッセージ: (必須)


0 コメント :

コメントを投稿



連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

サイト内検索

View My Stats