2013年8月27日火曜日

古いデカイスピーカーも繋がる AVアンプって便利かも


デジモノが好きだと言うてしまっているので、いろんな質問が来てしまうのですが、ちょっと古い5チャンネルのスピーカーシステムがあって、お家をそれでデザインしてしまい、ヤマハの高いスピーカーを入れているのだが、本体DVR-S200(2004年製)がどうも壊れてしまったみたいで、DVDが再生できないねん。 という話。 約10年前のものですが、それに合わせて家具も作ったと

 
 ↑写真はこちらのサイトから引用。

ケーブルを裂いて、プラスとマイナスをむき出しにしてスピーカーにつなぐというようなことは昔はしたような気がする。

インピーダンスなんて言葉は知りませんでした。

この形のスピーカーに出力するDVDプレイヤーはないなと。

だが、アンプだったらあるらしいと知りました。



アンプなんて、結構マニアな人が買うものだと思っていたのですが、確かに古いスピーカーを使いたい人とかにオススメかもしれません。 これで使っていなかった、安い感じのDVDプレイヤーをつないでバッチリになりました。

ヤマハのホームシアターコンポーネントのシリーズのひとつです。
それにしても…アンプってピンからキリまであるのね。
このキリなアンプですが、HDMIの出力が4つもあり、いろいろな再生装置をつけるステーションにもなって便利じゃないかなと思いました。 出力用のHDMIって別に特別なケーブルでもなく普通らしい。なんとも便利ですね。

私が、スピーカーのラインをカッターでヌキヌキとプラスチック製の元の本体に挿しやすくなってるのを壊して、新しいアンプのスピーカーに差し込んでいる姿を見て、佐伯さんって工業高校かなんか出てるの?って言われてしまいそうな感じ。まぁ。ハンダゴテ握らなくてよかったよ。

それにしても技術の進歩はすばらしい。このアンプに、なんと16000円の5チャンネルスピーカーをセットすれば、なんと4万円足らずで、サラウンドシステムができちゃうよ! 安いし、結構便利だと思うわ。

お家がキレイになったら買おうかしらと思ったが、夫が、そんな大きい音出せないやろと。高いヘッドホン買う方がいいんだと言いました。 なるほどね!



悲しいかな、本体DVR-S200 のサブウーファーだけは音が出ませんでした。制御ケーブルみたいなものがあって、本体専用のものだったようです。


でも、サブウーファーも安いよ!ほら!!
まぁ。デジモノの世界に関しては、高すぎるものを買うと後から後悔するというのは定説ですね。
新しくていいものを買う歓びはありますけどね。



最近、超ショックだったことは、windows8 にはDVDを最初見れないって話でして….
ちょっとでも安くするためにDVDなんて、いらんやんって考え方なんでしょうな。

確かにHULUとかいうビデオオンデマンドのサービスが普及したら、物理的なDVDを見るということはなくなっていくかもしれないよね。

でも、DVDを今は見るじゃないの!私の老後の楽しみに買ったDVDのドラマとかどうしてくれるのさ!

で、普通にノートパソコン買ったら当然普通に見れるはずのDVDが見れないわけでして、ソフトを買わないといけないわけさ。 それが1万円くらいする。 仕事の関係で一つ買ってしまいましたよ。なんか納得いかんかったけど。 これがまた使いにくいのだわ。

でも、将来的にDVDってなくなるかもしれないなと思ってしまいました。

万物は流転する。

私の好きな言葉の一つです。
そんなオーディオ機器で聞きたいのは…私は最近、ずっとジョン・レジェンドなんです。そんな音楽好きでたまらんことないのですが。
年とってきて、あんまり力む感じより、これくらいの楽な感じがいいなと。前世が黒人だったからか、なぜか黒人の歌手にしか萌えません。

このビデオを見て、カラオケでりんご追分を歌ってみたが、いけるなと思ったw.
たまに、歌わなければいけない時は、皆様が期待するので、ある程度はお応えするために歌わせて頂きます 盛り上げたいと思いますw
この頃、年とったと思うのは、ミュージシャンの名前とかが覚えられないという悲しみがあります。
あれ、あの人とかしか浮かんできません。で、いざ歌うとなると3曲くらいしかないのよね。持ち歌が…
昔、デザイン事務所とか行ったらジャズとか流れていてカッコいいなと思ったことがあった。が、私は…何も聞いてませんね。 結局、めんどくさいですw 
ジャズとか、お酒とかに詳しい人とかカッコいいなと思うよ。 前世奴隷だから、ホンマに関係ないな。
 
この前スピネルのネックレスというのを、カワイイと思ってそれなりのお値段で買ったのですが、こんなに安くアマゾンで売っているとショックですね。いいんですけどね。

お問合せフォーム

お名前 :
Email: (必須)
メッセージ: (必須)


0 コメント :

コメントを投稿



連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

サイト内検索