2011年10月13日木曜日

オプティマスパットで読書の秋 ePubの青空文庫


こんなんありました。私、梶井基次郎好きなんです。人間の狂気に私は興味があるのでございます。最近の世相を思う時、桜の木の下に死体が埋まっているというのはピッタリくるなと…。 



私はわかると思いますが、子供の頃からの運動キライ本が好き。という子でして、青空文庫はすばらしいです。人類の財産だと思いますね。 やはり人間を救うのは技術であるとは思いますが、やはり心だと思う。文学が人の心を観察し、心を動かし、育てるのだと…。ゆつくり読む暇もないのですが…。kindleが安いらしい! この記事を読みなんと読みやすそうな…
読書好きにはたまらんなと。
反転しているのは私のオプティマスパットL-06Cのaldikoの画面です。 やはりKindleがいいよ。頑張っても太刀打ちできない。目に優しい。 本の良さは紙にあると私は思うんですけど。 紙の優しさがKindleはあるよ。 でも買わないよ。ガマンするよ! もういっぱいありすぎるし!

で、ePub形式で青空文庫が読めるというのは嬉しいですね。
まだ少ないけど。でも、落としてきて、いそいそ入れたら真っ白でした。え~っと思うと、表紙がないのですよ。
そんなんイヤ=、本棚に並んでいるのが好きなの=!

で、思いついて、ePubを作れるソフトであるSigil で開いたらキレいに見えるのよ。

で、別名保存して入れたらキレイに吸い込めたという…。 ただ、それだけの情報でございます。
で、もしかして!と思い。青空文庫をepubに変換するソフトとかないだろうかと思いましたらありました!
Text2ePubというソフトがあるよと

おお~。すげぇ。すげぇと思ったのですが、むちゃ文字化けでL-06では???になってしまう。 でもSigilでは開く~。

文字設定とかいじってみましたが、解決されない。 めんどくさいから諦めましたが。
別に青空キンドルでpdfに変換したのを入れたらいいことなんですが、縦書きの本を右にめくるというのが…どうも読書に集中できないのがイヤなんですね。文字の大きさを決められないとか…。
うう~ん。

ことに表紙にこだわりたいです。私は。

読書は芸術ですから。 

そんな秋ですね。(文芸風)



基本html5で作るんだろうなと思うな。flashだったら簡単なのに!どうして!と叫びそうになる。
こんなソフトが無料でゲットできるけど、要するにこれだとiPhoneのための本しか作れないのか?

じゃ、アンドロイドは別に作りなおすのか? めんどくさいじゃないか!

お問合せフォーム

お名前 :
Email: (必須)
メッセージ: (必須)


0 コメント :

コメントを投稿



連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

サイト内検索