2018年7月22日日曜日

GNU Emacs の.emacsがどこかわからなかった やっぱりAtomがいい♡

こんなところにありました。
   

圧縮して解凍するだけで使えるwindows版のEmacsなので、設定ファイルがそんなところにあるとは思いませんでした。

 C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming の中にありました。

Emacsというのは、Linux遊んでいた時に使ったことがあり、面白いと思いましたが、直接は関係ないと思って、その後、スルーしていました。が、にわかに、Chromeでテキストエリアを編集できるという、Edit with Emacsというのをしたくなり、やってみる気になりました。




ここの Open Home Directory を見て、場所が書いてあったのでわかりました。
で、落として来た edit-server.el を、適当な場所に置き(今回、binフォルダの中に、.emacs.dというのを作りました。が、C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\.emacs.d がありました!)
.emacsを、emacsで開いて、絶対パスで書き込みました。

(add-to-list 'load-path "c:/Users/ユーザー名/AppData/Roaming/.emacs.d/lisp") 
(require 'edit-server) 
(edit-server-start) 

’とか前につけるとうまくいかないようです。 意味がわかりません…
とにかく、これでtestするとOKが出て、無事に立ち上がりました!

でも、初期設定のままだと、文字化けしてるし…emmetのような便利なのも使えないので、さらに、カスタムが必要なようです。文字はOptionのセットdefault Fontで対応できますけど…他は… 賢い人と付き合いたい…
最初の見た目はやる気がまったく起きませんね…


元を正すと、超愛用していた、en-Coding Textarea Extension が、クロームのバージョンが新しくなり、Invalid manifest のエラーで使えなくなったのが始まります。もう、辛いのなんの。

無料で長い間愛用していましたので、文句は言えません。
でも、Ctrl+Eで HTMLに変換できるなんていうのは、体にしみついていて、それがなしでこれから仕事できないなと超落ち込んでいます…、

なかなか、同じようなものがないのが驚愕です。 それも、これもセキュリティ対策というものなのでしょうか?
面倒くさい時代ですね。

キーバインドとか、覚えたくないんですが、AWSで覚えたら便利そうだなと思う。
でも、はっきり、その努力って…なんか、賢い感じに見せるための努力のような…
きっと、賢い人なら、さくさくって覚えるのだろうなぁ…


Emacsって知識が膨大にあり、新しいこと覚えないといかんのか…みたいな。zen-codeが使いたいだけで、むきになり、無駄にしたような気がします…


web-mode を入れて emmet-modeをいれたら、かなり快適になりましたが、使い方がわからず悩みました。 要するに、Alt+X(M+x)で web-mode を有効にし、次に 再度 Alt+X でemmet-modeを有効にする

emmetは Ctrl+Enter にて展開

さらに、色の指定も、いろいろありすぎてよくわからないが、web-modeがきれいになるのに苦労した。


あー、今日も深夜の2時になってしまいました…orz
結局ですね、愛用のAtomが連動して動くというのがありました!
これ、超すごいです! なんで、早く見つけられなかったんだろう…まぁ。 emacsを勉強できてよかったということで…


でも、emmetがブラウザで簡単に使えないというのは、wordpressなどで編集してもらう際に、非常に不便だと思う。もう、Emmet plugin for <textarea›みたいなものを使うしかなじゃないだろうか。 自分で作れたらいいんだけど…超不便だわ。 




お問合せフォーム

お名前 :
Email: (必須)
メッセージ: (必須)


0 コメント :

コメントを投稿



連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

サイト内検索

View My Stats

お世話になっています。
Ewin