2010年4月17日土曜日

アクロバット印刷 途中で色が出なくなる…

さて、同窓会のシオリの印刷ですが、オープンオフィスは標準でアクロバットにエクスポートがついています。私も印刷屋の端くれですので、アクロバット8(ちなみに6も持ってます。でも9はさすがに買えません)を持っております。

アクロバットなら私も持ってるわと思う人は多いと思いますが、よく質問受けますが、一般的に皆様が持っているのはアクロバットリーダーです。

アクロバットと普通に言われているのは、アクロバットの書類を作るためのソフトで、アクロバットリーダーは読むためだけのソフトです。

アクロバットは普通に買うと今、いくらするんですか?57000円?ふざけるじゃないわよ!というような値段でございます。アクロバットには確かにパスワード設定をして、印刷は高画質はできないようにしたりとか、書類そのものにリンクをつけたりフォームをつけたりと素晴らしいものがありますが、私は本当にそこまで使いこなしている書類に出会ったことはない。

フォームとかだったら普通にホームページにジャンプしてネットにアクセスしてもらったらいいことだと思うし。そこまでの値段とるのだったら、私だったら複数の書類にフラッシュの表紙をつけて、より読みたくなるようなプレデンテーション部分がくっつけられるとかさぁ。 

CDパンフを作れるとかまでつけないといかんと思うよ。私を開発に参加させて欲しいといつもアクロバットを見ていて思います。


ま、高いなりにアクロバットにはかなり便利なものがついています。
普通のアクロバットリーダーにもついておりますが…


このページ処理の小冊子で印刷はとても便利ですね。編集は普通にしておいて、これで簡単に両面印刷を使い小冊子に印刷できるのです。

ところがですね。私、今まで1部くらい印刷して後は印刷屋にネットで送るくらいしかしてなかったのですが、なんと印刷を複数したら、なぜか古い私の印刷マシンCanon BJ F8500(10万円もしたんですけど)
は1枚目しかカラー写真が印刷されず、2枚目は写真のようになってしまいます。



気がつかずに高級用紙をそうとうムダにしてしまいましたわ!
で、これは何か方法があるんかいなと調べましたら
印刷の詳細設定のところに画像として印刷というのがありました。



これにチェックを入れて印刷するといい感じになりました。リーダーにも同じような画像として印刷というのがあります。

アクロバットをもっと使いこなして訂正のやりとりとかネットでしてみたいですが、本当にもうちょっと安くしてくれないとさ普及しないから。未だに印刷の仕事で大活躍するのはファックスですから…はい。


ちなみに、小冊子で印刷の機能を使って印刷しても印刷機によっては縮小されてしまってうまくいかない場合もあります。

でも、オープンオフィスには標準にアクロバット化するものがついているので、オープンオフィスとアクロバットリーダーの組み合わせだけで結構簡単にご自宅で小冊子の出版ができるようになりますねぇ。これはなかなかお得な情報だと思います。

お問合せフォーム

お名前 :
Email: (必須)
メッセージ: (必須)


0 コメント :

コメントを投稿



連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

サイト内検索

View My Stats