2014年7月4日金曜日

Google Drive 使いこなし… フォームのデータをもう一度編集する



結構複雑な大量のデータをフォームを使って入力し、その入力したデータをVlookup 関数を使って別のシートにあて名ラベルにしたり、請求書を作ったり、記録もちゃんとできるシステムを考えました。  ← &newcopy=true とスプレッドシートのアドレスに追加して書くと自分のドライブにコピーになる。って言うとるけどできんけどw よければデモバージョンをお使いください。

こうしないといけないらしい…

Accessでいろいろ作ることしてきたんですが、google drive の便利なマクロの作り方とか、かなり便利なエクセルにはない関数とか知ってしまうと、これで何でもできるなと思うようになりました。

ただ、ひっかかっていたのが、フォームのデータをまた再編集するのはどうしたらいいのかということでして…、で、かなり面倒くさいけど、単純にリンク貼るというという方法です。

ただ、この方法、必ずフォームを使って更新しないと、元の初期値にもどってしまいます。入力したデータでアドレス作っているようでして、シートの更新はアドレスに反映されないです。

超大きな内容とかになったらどんなアドレスになるだろうと思うのですが、まだそこまでの実験してないけど…。

たったこれだけのことなんで、小さい内容の場合ならこれでいいかなと思いますが、

例えば後から作ってしまうみたいなときには、

このくらいのscriptが必要になってくるみたいで、こっちなんかもやたら大げさです。

この とにかくすっごいAwesome Table とか作ってみたいです。
↑ 
この人の本も持っているのですが、 値段がペーパーバック釣り上がっているので思わず売ろうかしらwwとか思いますが…

正直このホームページと同じで凄すぎて実用性を感じるとこまでいかんわ。

最近、苦節半年 ようやくちょこちょことしたものなら書けるようになったので、これからいろいろ発表?したいけど。

上には上があるなぁと思うことばかりです。

でも、本当に スプレッドシートのデータを利用してHTML生成させるとか便利な発想が…いいじゃないのよね~。簡単にDBこれでいいじゃないの~みたいな。

勉強ばっかりして稼げない症候群にまたまた陥るので、いったいどこで手打つかがホンマに問われるのだわ。

その後、すばらしいアイデアを発見!  これでいいやんか! 感動結果
これは、フォームの方に書くスクリプトです。
フォームに入力されたらトリガーでスプレッドシートにデータを入れるというシステムです。

この頃、落ち込むことがあり、帯の逆境こそまたとないチャンスであるを読んで、楽しく久しぶりに本を読みあっという間にまた一晩で読んでしまったのであるが… グレースホッパーという人を知りました。数学の達人がCOBOL作ったんかぁと…しみじみとしましたね。 読みやすくてオススメの本でした。 冤罪の兄を助けるために30歳から弁護士になったというベティアンウォーターさんとか


この本を読んで、死んだおばあちゃんが、この世の中は女傑(じょけつ)が作っているのだ。私に与謝野晶子の表紙の本をおもしろいわよと渡してくれたことを思い出しました。 おばあちゃんは私にも女傑になれ!と伝えたかったのだと思いますが、その時はそれほどまでに思いませんでした。

女傑とは…しっかりとした気性のすぐれた知恵を持ち実行力に富んだ女性。

や~、ばあちゃん、もうちょっとわかりやすく私に伝えて欲しかったと思いますわ。 私なんか、地頭がアホなんで、女傑 とても無理というセルフイメージでずっと来てますからねぇ。 理解力がなかったわ。 あの時の言葉はそういう意味やったんや。と…もう遅いですが、80歳過ぎてネット番組やってるジョーン・リバースのことなど思い…ま、私も張り切ってまいりましょうと思いましたな。


グーグルドライブの使いこなしにつていのビデオ。 よく聞かれて説明に悩みます…

私の今の夢はですねぇ。 こういうのを教えるようなコンサルタントになることですかなぁ。

ま、ボチボチがんばります。



本でも紹介されていた、オスカーの司会をするエレン・デジェネレス。 この人も知りませんでしたわ。 お笑いタレントでレズビアンという、まぁ。日本で言うたら創価の50歳のあの人をもっとゴージャズにしたような感じなんでしょうが、この堂々とした司会ぶりで、ここまで長々漫談できるというのは、強いセルフイメージがあるんだろうなと思うわ。 何でそこまでウケルんかは、私の英語力ではもひとつわかりませんでしたけど。 悔しいことだ。

成功者というのは、結局、そういう強いセルフイメージがあるかないかではないかなと、最近つくづく思うんやけどね。 


正直、youtube でなんかショーモナイこと言うとる人とか、なんかムチャ頑張ってるなあと思ってしまいますよ。 ま、私は…こつこつと、有名になるために
技術を磨きたいだけでございます。

自分のセルフイメージ考えると、なるべく汚い格好をして、あーでもない、コーデモないと勉強している時が一番自分らしいなと思うし、それが私の一番居心地がいいことなんじゃないかなと。

でも、頭が悪いので、もう、今世はできるところまで頑張り、来世につなげようと思う。 なるべく、今世もいけるところまではいってみたい。

おばあちゃんにあの世で頑張ってたよと言いたいです。



お問合せフォーム

お名前 :
Email: (必須)
メッセージ: (必須)


0 コメント :

コメントを投稿



連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

サイト内検索

View My Stats