2020年5月24日日曜日

EC2&RDSによる運用で、なぜか重いので…パラメーターを見直した

めっちゃ速いWordpressを目指し、AWSでやってみる気になり、こちらなどを読み…まるまる2年ほど頑張ってきたのですが、それでも重くなる時があり、どうしてだろうと検索して、クエリーキャッシュを見直すというのを読みました。
これがビンゴで調子がいいです!

mysqlAdminでデータベースの変数の所で見れる! いっぱいあるのでQueryで検索する。これ、絶対に忘れるので記録しておきます。


これを教えてくれた方は、AWSで激安でやるために、EC2内に、自前でMysqlを立ち上げているのですが、私は、有料の安心安全のRDS Aurora MySQLを使っておりますので、どうしたらいいのかというと、パラメーターグループというのを独自につくり、作ったクラスター(データベースの単位)に設定します。
これでいいかどうかを、有料のサポートで以下のように聞きました。

table_open_cache は開くことのできるテーブルの数 使用状況に応じて変更するべき値

query_cache_limit ヒット率が上昇する場合はselect文の応答は早くなる
query_cache_size 初期値 {DBInstanceClassMemory/64}

- tmp_table_size クエリにより使用、不使用が決められますので、現状のディスク上の一時テーブルの使用量を変更の目安にできるかと存じます。
ディスク上の一時テーブルはたとえば MySQL クライアントで DB に接続後、下記のコマンド等で Created_tmp_disk_tables 、Created_tmp_tables から確認可能です。 == コマンド例 == show status;

正直、金にいとめはつけないぜ!って感じでお送りしております!
はやく、もっと楽しい物を作れるようになりたい…

一応、効果はあるようです。ちょっとだけ意味がわかる。しっかりマニュアル読んでねって感じ、気になる料金ですが…

db.t3.small は、0.063USD というのあるのですが、
私が使ってるの db.t2.smallなんだけど、毎月1万円程度だったのですが、それをリザーブドインスタンスの購入で、3000円くらいにしました。これも正直、よくわからないのだわ。2台つけたら単純に倍するんだわ。やっぱり、1台でよかったんじゃないかな?みたいな…でも、まぁ!もういい!って感じで頑張っています。必ずAWS完全マスターするぞという気持ちです。落ちない!速い!消えない! 素晴らしいと思っております。

RDSは、何が素晴らしいといって、書き込みと読み込みを分散して管理しており、フェイルオーバーが発生しても自動的に追随できるのだそうで、金に糸目をつけない私は、景気よくそれも申し込んでいたのだが、クラスターエンドポイントを使っていなかったのだった><! 超無駄じゃん!ということで、今回、クラスターエンドポイントにしました!
名前がいろいろあってわかりにくいのですが、名前が最初にcluster となっている。
書き込みの方を利用するらしい。

もう、ほんと!大変!でも頑張る!

後日、やはりサイトにアクセスが集中すると、動きが悪くなるようで、夜中に、jetpackのようなわざと重めのプラグインを入れてみたら408のTIME OUTエラーになった。

それで、t2-microから思い切って、smallにした。実は、前、smallにしていたのだが、レコメンデーションの表示で、microでいいという事だったので…(一度サーバーを停止すると種類の変更が可能となる)

せっかく、リザーブドインスタンス買ったのに…これを転売できるというのがあったのでやってみようかなと思ったけど(たぶん売れないけど)なんか、アメリカの口座が必要だそうで…は。は。は。って感じ
smallも買い直す。 たぶん、ちょっとは、まだ安いはず。前払金なしになしてしまったw



このテキストのエフェクトかっこいいのでやりたい。
CSSだけでカッコいい アニメーションテキスト

アニメーション楽々情報

お問合せフォーム

お名前 :
Email: (必須)
メッセージ: (必須)


0 コメント :

コメントを投稿



連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

サイト内検索


View My Stats