2015年3月25日水曜日

WordPressの不思議なところ SAGEのメニュー固定

WordPressとBootStrapにおもしろいなと思ってやってるんですけど、今のトレンド上のメニューバーの固定を導入してみる… (←途中から固定になるもの…)
(尚、最初からトップにあるものの固定は navbar-fixed-topで一発でできる

SAGEの場合は…
header.php のメニューの部分を <div id="navwrap"> でくくります。
CSSは、width: 100%; height: 40px; だけ指定します。

あとは、jquelyで位置によって追加するCSSを
.navbar{position:none!important;} //Bootstrapで決められているので解除する
.fixed{position:fixed;top:0px;margin-left:auto!important;margin-right:auto!important;z-index: 9999;}
を指定します。

で、jQuery を追加します。
ところが…こんな簡単なjqueryをhead部分に直接書けないのね!
PHPなら書き放題なので、楽なんだけど。

で、Sageの場合は、

wp-content/themes/sage/dist/script/の中の main.js にわざわざ書いて、FTPで入れるしかないらしい…

結構、思いついてちょっとしたJSを入れたくなったりするが、いちいちそんなことしないといけないのか…。ん~BootStrap のJSとかフル活用したいんだけど。


ま、大した手間じゃないけど、何で動いてるか、それだと忘れてしまいそうなんだけど…。
JavaScript派には、めんどくさいシステムですね…。

ま、それだけの話しです。


Bootstrap結構便利。こんなアイコンとか、あまり使いどころがないなと思っていたのですが、使えるとなったら、使ってみたくなってちょっと使うと確かに楽…。色もフォントだから自在!




2015年3月22日日曜日

WordPress の編集をちょびっと楽に admin の<title> をいじる オススメの雑誌


WordPressで、Theme をじゃんじゃん書いていくのに、いろいろタブを明けて、いろんなファイルをあっち書いたり、こっち書いたりすると思うのですが、その時に、タブtitleにファイル名がないのが不便だったので、wp-adminの中のadmin-header.phpを加工してみました。


2015年3月18日水曜日

Bootstrap 便利だな footer の下まで色をつける…


WordPressにまったく意欲が出なかったのですが、Sageを見つけてやる気が一気に出て、BootStrap3を入れて簡単設定を暗記する勢いでやってみる。

悲しいほどに…確かに便利。 どうして私は今まで@で分岐書きまくって悦に入っていたのでしょうか、何かを丸くしたりするもんだと思ってた。 そうじゃない、大切なのはモバイル分岐がさくっとできるってことなんだなと。 はっきりわかりました。

で、SageとBootStrapを使うと、わりと簡単にいろんなことができ、CSSの指定も少なくてすむことがわかった。





2015年3月16日月曜日

WordPress 勉強中 更新でテーマが壊れて SAGEと出会う…

とにかく、デカイ会社に見えるようなカッコいいサイトを作って欲しいとか、そいうことを言う人がたまにいますね。
フラッシュなくてもここまでできる時代になりました。

勉強しとかないけませんわ。 なんでかappleでしかないんですけど…

いやホンマに、あんまり最新すぐると、顧客がついてこないですが、

wordPress で一応、すごいのももできる!って感じにはなりたいと思って、
この頃、いろいろやってたんすが、ちょっと目を離しておりましたが、

アップデートがあり、へ~wordpressってこんなんあるんや。って思って何気にアップデートしたら、全部消えたのよ!!!!!

もう、倒れたわ。バックアップもないねんね。あそ~。 nucleusはあったよ。 標準で自動でバックアップが!
何でもプラグインなのね!←なんか大げさで使いにくそう…・
私は、標準のを全面的に書きかけるというのをしていたのですが、CSSがまさか全部書き換わるとは! アホか!って思った。警告も出なかったぞ。 セキュリティ上とか言うから、デザイン関係ないじゃないかよ~!! なんか、サーバーとの相性的なものとかあるんかな。
こんなことあったら超イヤだけどね。 メジャーであるがユエに…。なんか、ホンマにモチベーションあがらんわ。どうにも…

もう、やる気がすぐなくなってしまった。 これお客さん勝手に絶対にやる人もいるよね。そうだよね。と探すと、対策はあった…



Jsonのデータでアイテムごとに画像をランダムに取得してリンクを貼る

シリーズ?でお送りしてまいりました、Blogger の Json抜き取りシリーズ!
完結編でございます。 ←リンクが貼れました…



これが、何気に難しかったです。

要するに写真がないブログアイテムがあるので、
連想配列を作り、連想配列をさらに別の配列に入れて作る!
しかし、 Shimple HTML DOM Parser で、最初の1画像のsrcを抜くというのがわからなくて迷いました。

$html->find('img',0)->src; でいけました。 これだけで、バッチリ src="ココ" が得られます。
超便利。ただ、見つけられないとエラーが出るので @ を前につけてエラーを制御しました。
foreach 構文のやつばかりがあり、でいるはずだと…できた

これもっと早くに知りたかったわ。
で、domの場合は、file_exists ではなく if(isset($img)) であること。
もう、知らんことばかりだったわ。

あと、連想配列のデータの追加が、よくわらず、array_push がうまくいかないそうです。
だが、 +=  でやると1個しかうまくいかないので、しかたないので、[$e] の番号を指定して配列を指定し、さらにその配列を別の配列に入れるという荒業を思いつきました。

我ながら、よくやった。 アホなりにがんばりました。



「今日も勉強しました」サイト内検索