2014年7月10日木曜日

大ニュース Fonts.com に無料の日本語で使えるフォントがあった!

デザイン系のサイトを見ていて、やっぱりWeb Font いいよなあ。買おうかなぁ。とか思っていましたが、こんなやたら金かけられるデザイン系の仕事なんか私しゃ関係ないんだから! 

WebFontをサーバーで使う方法はこちらの記事がオススメです。


前に見た時も、ちょっと高くないかと思った。 で、その後、ネットにムリクリ上げて使う(しかもgoogle drive に!) そろそろgoogle web font で無料の日本語が出てもいいじゃないだろうかと思って探したら、ありました! Fonts.com の中国語は無料の使えるのがあって日本語もいけるじゃないか! なんか、バッチがつくけど…別に私はもうやたら重たいこのサイト気にしません。

なんてオシャレなの!(レベルが低いのはわかってる)

フォントの名前をクリックして中に入って行き、テストしないと本当に使えるかどうかはわからないけど、部分的にいけそうなのがあった!







部分的にタイトルだけとか、メニューだけでもweb font 使うと パンチがあっていいんだけど、ただそれだけのために 重たいのをサーバーに入れるのもどうかと思うし、それ落としてくるのにムチャ時間かかる。

平仮名と漢字でCSSで分岐したらいろいろいけるじゃないかなとか、やたら今日はこれをいじくりまわしてしまった。


お客さん単位でgoogle 設定するから、全然いけると思う。

アカウントで ウェブフォントプロジェクトを立ち上げ、ドメイン登録して、CSSを追加して書き、それを公開オプションのところで発行される javascript を実際のhtmlにはりつけるだけでいける。




無料のwebフォントはいっぱいあるけど、日本語ほとんどないし。

日本語のやつは無料コースで使えないやつばかりかと思っていたのだった。 

いやぁ。拾い物したわ。ま、月1000円くらいなんで、払ってもいいんだけどねぇ。 も~っちょっと稼いだら考えますw. 



それにしても、東京のオシャレな会社はいったい何ぼほどのお値段でお仕事してるんだろうか… 東京で仕事したことあるけど、その時は私も全然今みたいな仕事はできなくて、普通にムーバブルタイプインストールして、テンプレート1枚書いてもらっただけで、大サービスで36万だったことを覚えている…。画像もしょーもなくてさ。びっくりして、私はこれ絶対できるようになるぞと思ったね~。 ま、東京で事務所構えて仕事してたら、そりゃ安くはやったらいかんのだろうとは思うけど…。
どういう風にしたら生き残っていけるんだろうと日々考えてしまいますね。 SVGをjquery で動かすっておもしろなと思う。 確かに、こんなの作ってたら、このデザイン1万円でってわけにはいかんわな~。 Flash Professional CC のCanvas書き出しでなら、まぁ1万円はしんどけど、ぐっと安くできるじゃないだろうか。(ソフトの購入代金は含まれないが時間は大幅に短縮できて、もっと複雑なこともできるかも…)でも、どっちが軽いんだろう。 iPadでちゃんと見れるんだろうか。とか、もう、この最近の端末地獄の中で調べる時間もハンパないわけで。 さくっと作ってそれなりにオシャレに!っていうのは、ほんまに考えるな。 で、結構後から、やっぱりこうして欲しいとかいうのが出てくるわけでして、それなりに安くといいながら、高くとっとかないとダメだとは思います。 Canvas も SVGもあること知ってるくらいでまったくやったことない。やらないといけない!ああ、大変!

でも、お客さんにとっては、それがSVGだろうが、Canvasだろうが関係ないやん! やっぱり、ホームページやって結果が出ないと意味がない。 ま、私の強みというたら、広告代理店出身の企画力?ってやつ?みたいな。 勉強も適当にしておかないと仕事する暇がなくなる。ってこんな貧乏な商売なのであった。 しかたない。ブスだから!(ひねくれる)

まぁ。菊岡ちゃん美人で若くてオシャレで、賢くてもう、人生怖いものないんだろうなと思うわ~。
ほんまに私なんか、ブスでアホで…。娘ほど若い子に対して、コンプレックスの塊みたいになってしまうわ。負けた!負けたぞ! でも、それなりに頑張るぞ!

その後、google font で日本語フォントが提供されました。

お問合せフォーム

お名前 :
Email: (必須)
メッセージ: (必須)


0 コメント :

コメントを投稿



連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

サイト内検索

View My Stats