2020年4月9日木曜日

アマゾンAWSのSSLはACMで簡単だが、更新は自動ではない

Your certificate has expired とメールが来てしまいました…

英語でメールが来るけど、私は、前、データベースの証明書は新しくした!と思っていたのであるが…なんか、SSLの証明を発行してくれるACM AWS Certificate Managerの証明書の更新だったらしい。 何回も来るけど、テストサイトなのでまぁいいかと思っていたら、証明が切れていた。よかったーテストサイトでー!

DNS設定をもう一度ドメイン屋さんのサイトで書き換えてやらなければいけなかったのだ!

知らなかったな… 一度設定したら、ずーっと証明できるのだと思っていた…よかった…
勉強しました。まだ可にならない。一晩くらいかかるのかなぁ…ま。これも経験。


翌日もできてなくて、結局、一度ロードバランサーのリスナー方から証明書を削除し、
ACMから削除し、作りなおして、登録しなおし、5分程度待ち、再度リスナーの登録で復活した。

これ事前にしておかないといけないらしい…。 そうかぁ。こうなると、ドメインもアマゾンで買いたくなるよね…



お問合せフォーム

お名前 :
Email: (必須)
メッセージ: (必須)


0 コメント :

コメントを投稿



連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

サイト内検索


View My Stats