2015年2月27日金曜日

jsonで引っ張ってきたimg をimgLiquid と vintageのセットでは加工できない件

前から、Bloggerの写真を抜いて並べて加工するようなことをしたかったのですが、残念ながらCSSでも、vintageJSでもうまくいかなかったです。 並べるのはできるのだけどな~ と、こんな感じです。 jsonで抜き出して、配列に入れ、それを単純につないで、PHP Simple HTML DOM Parserで抜き取り、それをimgLiquidで同じサイズにしました。


我ながらナイスアイデアだと思ったんですけどねぇ。

このVintage.js超カッコいいなと思ったけど、組み合わせでもなく、単純にできない。
テストの画像はできているので、たぶん自動生成のタイミングが合わないのかも。
ちなみにいろいろ説明出てるけど、微妙に間違っているようで、ここのGithubの説明どおりにしないとダメみたいです。

じゃ、CSSでは!と思ったけど、それもうまくいかんかったよ~。

ランダムで毎回リロードする度に違う画像が見れるようにしたのですが、これも負担が大きいのかもしれない。

ま、次回ということで…(PHPでリサイズを解決した)
サーバーに負担かけるのも何やし…そこまでコランくてもいいかなぁ。
惜しいなぁ。

phpだけでとりあえず作った $img = str_replace('" width="360" />' ,'',$img); などで 全部消してから加工しなおす感じで…

PHPのリサイズもあったのですが、これはやってみたけど、ローカルじゃないとダメみたい。

このPHPのライブラリもいい感じだから後でテストしてみる…

Jquery とphpをいっしょに動かすのがそもそもちょっとしんどいのかも… このリサイズとか感じいいんだけど、全然使えなかったw

で、高級サーバーと思っていた天下のhetemlもメモリー不足でGD動かないらしい…そうかぁ。
動かなかったよDimimage ロゴ乗せるとか動いたけどw
原因はそれかもしれません。でも、デスクトップでも動かないですけど…なぜ?


そうか。インスタグラムのを使ったらいいのかもw 最近、IFTTTというのを知り、これ何でもいけるじゃないかと。作業の一元化で楽な広告展開を目指します。 広告は実は文章でもデザインでもなく写真なんだと思う。Instagramはヘタな写真もニュアンスが出るのでカッコいい。
海外で人気だけど、もう日本にも来てるし、おもしろいと思う。これのAPIは使いこなしたいなぁ。
Instagram
わりとKindle愛用してるんですけど、初期の初期モデル。目がしんどくなってきた母にもペーパーホワイトをプレゼントしました。 解像度の違いだけで1万円も高いvoyageはお得感が…

雑誌とか読んで捨てるのは紙のを買って、アマゾンで転売するのですが、持っておきたいのとかはKindleがいいので、やっぱりカラーのがいいと思いますけどね。

何気に音楽もよく買ってます。
 
このビタースイートサンバというのは、あの深夜放送の音楽ですが、そうかあれはサンバだったんだと。 ノリノリで仕事できるオススメの曲ですよ。cobaさんはっきりカバーがいいですけどw

これ買って大正解だったよ。アコーディオンってジャマにならなくていいです。

ま、やってたら、絶対ウザくなって消すんですけどw
Kindleは音楽フォーマットが簡単なんで、簡単にandroidにもコピーできるからいいですよ。



お問合せフォーム

お名前 :
Email: (必須)
メッセージ: (必須)


0 コメント :

コメントを投稿



連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

サイト内検索