2020年3月20日金曜日

DDR3がまだ高い件 バージョンアップでまだ使える!(初心者向け情報)

 
上のように、Winodws8.1のそうとういってるパソコンでも、Winodws10で復活させて、それなりに快適になりました。ただ、メモリーは4Gから16Gにしました。




私も7年ほど絶好調で使っていたパソコンが先日壊れ、復活させて思ったのですが、なんか、まだDDR3(現在はすでにDDR4が主流)とか、それに対応するマザボとかが高いということを知りました。安くなったりしないんですね。中古なら安いですが…(でも、何年も前の中古をわざわざ買うのは??どのくらい使っているかがわからないので私はちょっと買えないです)

要するに、古いパソコンを、まだまだ使っている人がいるということだと思います。
正直、事務系のパソコンとか、私のように、プログラム書いたり、ちょっとしたビデオをつなぐ程度の編集なら、全然今の環境で大満足です。
もっと早い!のは、たしかに気持ちはいいが、そこまで早くなくてもいいという世界に、ついにテクノロジーは来たなと思いましたね。

パソコンの組み立ては、簡単ですから、皆様も、軽く箱を開けてみて、掃除をして
メモリー増設するくらいはやってみられたらいいと思います。調べて、買って、差し込むだけですよ!


その他、おすすめのアップデート法
CPUファンのホコリを取って、CPUをはずして、CPUの絶縁のグリスを塗りなおします。
 
ファンをはずすのに、どうしても、マザーボードもはずさないといけない時があります。
基盤を傷めないように注意してください。
このグリスを塗り直す事で、かなり速さが復活します。
組み直して、ファンの回転などを確認してください。動きが悪いと感じた場合は、CPUファンも買い直す必要があります。 CPUの種類、インテルとAMDなどでサイズがありますので、CPUの種類をパソコンのスペックなどをもとに考えます。(価格comなどで調べます.作業前に情報をもらえていいですよ)
こういう、外から見てファンは回転がはっきりわかるのがいいと思います。

こんな感じで対応CPUを書いてますので確認して買います。

メモリーの増設も検討します。Windows10は最低でも4Gとなっていますが、実際は8G、できたら16くらい欲しいです。古いパソコンはメモリーはDDR3だと思われますが、それもスペック見て確認してください。
クリーンインストールしてもいいというのなら、ハードディスクをSSDにすると、もっと快適です。古いハードディスクは、そのままデータとしてもう1本つけておけば、データは残ります。 なお、メーカー物のパソコンならば、クリーンインストールしても、たいていWinodws10は無料でインストールすることができます。

あと、調子に乗って、新しくなったといっても、あくまで古いパソコンだという事を意識して、あまり新しいソフトなどを入れないようにすることです。最新のOfiiceとか入れたくなりますが、新しいソフトは、それなりにスペックが必要で、本当に必要性がないのならあまりおすすめしません。

あくまで今の環境より、Winodws10にすることで、あと数年延命できて快適に使えるというのを目指す事になります。次に調子が悪くなった時には、買い替えですから、そこまでお金使うのも考えものですし、そのあたりはお財布と相談しながらになると思います。



負けずに頑張るSurface マックブックのアホみたいな値段のおかげで、安く感じてしまって、間違って買いたくなっております… 悩ましー!
そんな事を言っている私ですが、これまた古い Lenovo Miix10をYoutube見る専用で愛用してますから…ねー。
新品価格
¥4,853から
(2020/3/20 23:52時点)

新品価格
¥21,980から
(2020/3/23 23:45時点)

お問合せフォーム

お名前 :
Email: (必須)
メッセージ: (必須)


0 コメント :

コメントを投稿



連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

サイト内検索


View My Stats